弁護士に相談する

B型肝炎は訴訟をすることによって和解をして給付金を受け取るという流れとなっています。これは自分で手続きを進めることもできるのですが、弁護士の利用をおすすめしましょう。さまざまなメリットがあるからです。

書類まず、裁判をするためには証拠となる書類を集める必要があります。それを取得するための手伝いを弁護士がしてくれるでしょう。どのような書類が必要であり、それをどうやって入手すれば良いのかを弁護士が教えてくれるのです。そのための手続きも弁護士に任せてしまうことができるでしょう。裁判に必要な書類の作成も弁護士にしてもらうことができます。これらのことは時間がかかってしまうため、仕事や家事などで忙しい方は大変になってしまいます。弁護士にすべて任せておけば、とても楽に訴訟の準備を進められるのです。

また、訴訟をするためには当事者が裁判に出席しなければいけません。しかし、それは嫌だという方が多いでしょう。その際には弁護士に代理出席を頼むことができます。これによって仕事を休む必要がなくなるでしょう。また、弁護士費用については国から補助金を得られるため負担が軽減されます。弁護士を利用しやすい状況が整っているのです。このように弁護士に頼むメリットは大きいです。

≪関連HP≫アディーレ:B型肝炎給付金訴訟