着手金について

B型肝炎の訴訟では条件さえ満たしていれば給付金は確実に受け取ることができます。そのため、多くの方は弁護士に支払うことになる費用について気になってしまうでしょう。弁護士費用としては着手金や成功報酬、その他にも実費が必要となることがあります。成功報酬については国が負担してくれるため、実際に支払う額の負担は減るでしょう。成功報酬は実際に受け取る給付金のうち数%という設定になっていることが多いです

弁護士着手金については無料で対応してくれるところが増えています。さらに相談料や調査費用なども無料にしているところが多いです。したがって、成功報酬である弁護士費用だけを負担すれば良いのです。弁護士が要求する料金というのは自由に設定することができます。そのため、それぞれの法律事務所で利用者の奪い合いのような状況となっています。他の事務所よりも多くの利用者を集めるためにできるだけ費用負担を小さくしているところが多いのです。そのため、着手金が発生しないケースが増えています。

気になる方はとりあえず無料相談を利用してみると良いでしょう。そうすれば、どのくらいの費用がかかるのか教えてもらうことができます。かなり費用を抑えられるでしょう。

弁護士に相談する

B型肝炎は訴訟をすることによって和解をして給付金を受け取るという流れとなっています。これは自分で手続きを進めることもできるのですが、弁護士の利用をおすすめしましょう。さまざまなメリットがあるからです。

書類まず、裁判をするためには証拠となる書類を集める必要があります。それを取得するための手伝いを弁護士がしてくれるでしょう。どのような書類が必要であり、それをどうやって入手すれば良いのかを弁護士が教えてくれるのです。そのための手続きも弁護士に任せてしまうことができるでしょう。裁判に必要な書類の作成も弁護士にしてもらうことができます。これらのことは時間がかかってしまうため、仕事や家事などで忙しい方は大変になってしまいます。弁護士にすべて任せておけば、とても楽に訴訟の準備を進められるのです。

また、訴訟をするためには当事者が裁判に出席しなければいけません。しかし、それは嫌だという方が多いでしょう。その際には弁護士に代理出席を頼むことができます。これによって仕事を休む必要がなくなるでしょう。また、弁護士費用については国から補助金を得られるため負担が軽減されます。弁護士を利用しやすい状況が整っているのです。このように弁護士に頼むメリットは大きいです。

≪関連HP≫アディーレ:B型肝炎給付金訴訟

給付金の詳細

B型肝炎に感染している方の感染経路として、集団予防接種の際の注射器の連続使用があることが分かりました。これについて国の責任を問う裁判が行われて、国に責任があることが認められました。これによって、裁判をすることで国から給付金を請求できるようになりました。そのための特措法というものが制定されています。ただし、こちらは10年間限定となっており、平成34年1月12日までのため注意しなければいけません。

給付金こちらの制度によって裁判手続きが簡素化されています。和解してから実際に給付されるまでは2ヶ月となっています。また、訴訟をすることになるのですが、そのための手当金が補助されます。そのため、訴訟をするために必要な弁護士を雇うための費用を気にする必要がなくなります。ただし、期間限定となっているため、早めに請求するべきでしょう。

給付金の額はそれぞれの病状によって異なっています。死亡していたり、重度の肝硬変になっている場合は3600万円となっています。無症候性キャリアで感染後20年未満の場合は600万円となっています。感染後20年経過している場合は50万円となっており、それぞれの病状ごとに明確に定められているのです。

条件を満たしているならば、しっかりと決まった給付金が支給されます。

B型肝炎の給付金

B型肝炎の話題を聞くことが多くなっています。かつて日本では集団予防接種の際に注射器を使いまわすということが普通に行われていました。これは感染症を予防するという意味ではとても危険なことであり、これによってB型肝炎に集団感染してしまった方がたくさんいるのです。そのような人達が国を相手にして集団訴訟しました。行政がきちんと指導しなかったためにこのような悲劇が起きてしまったからです。その結果として、今では国がきちんと法律を制定して、B型肝炎に感染してしまった人達に対して給付金を与えることになっています。

注射器B型肝炎の給付金を受け取れるようになったため、いろいろなところでこのことが宣伝されるようになりました。中には自分がB型肝炎に感染していると知らない人もいるのです。そういう人もきちんと検査をしてB型肝炎に集団感染してしまったと分かったならば、給付金を受け取ることができます。また、母子感染しているケースや、集団感染して亡くなってしまった方の遺族も給付金を請求する権利があるのです。

それではこれから実際にB型肝炎の給付金を受け取りたいときにはどうすれば良いのでしょうか。そのための方法がよく分からないと思っている方も多いでしょう。そのような方のためにこちらではB型肝炎の給付金の受け取り方について解説しましょう。弁護士へ相談をすることで手続きをスムーズに行えるのです。弁護士に相談をする際のポイントについて紹介します。